RSS
Admin
Archives

ほろ酔い町38番地

今日もどこかでいい気分。

profile

ふよ

Author:ふよ
ベースはほろ酔い、時々マジメ。
1年中、お酒でむくみ気味。
大好きな日本語には片思い。

そんなフリーライターが気ままに綴る珍道記。

いきつけの居酒屋気分で
ぷらりと気軽にお立ち寄りください。

こちらもどうぞ▼
豆メモ的HP「ほろ酔いむすび」

since2011.7.1

もろ もろ






ようこそ。
New
リンク
カテゴリ
リレキ
comments
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Ctrl+F
QR
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08
08
「コクリコ坂から」を観てきました。


舞台は戦後の昭和30年代、東京オリンピック開催前の日本。
港の見える丘の上、最寄り駅は横浜・桜木町。

昔の生活感好き&桜木町好き(主に名前が)の私としては、たまらない設定。


シビアなジブリ好きの友達から

「コクリコ坂、“耳をすませば”ばりにいいよ!」といわれてから、
あの空気感が大好きな私、観にいきたくてしゃーなかったのですが、

公開日からだいぶん経って、やっとこさ。


0806.jpg


ゴローさん監督の作品は初めて観た。

まぁチョコチョコ気になるとこもあったのはさておき、

たとえば大人のキットカットみたいな、
ほろ苦さみたいなものが残る映画でした。


正直、「耳をすませば」とは、空気感は同じようで少し異なり、
いつもの「ジブリ」とも、少し異なり。でも、私は結構好き。


戦後のさまざまな思想や文化や感情が交差する時代を

一緒に駆け抜けているような躍動感があって、

古き良き日本をゆったり感じるテンポもあって、

それでいてその上に、今の暮らしがあることを感じさせられる部分もあり…

ちょっぴり単調ながら、飽きさせない感じでした。



ハヤオさんが脚本を書いたのは、今の若い世代への問いかけなのか。



のんびりと漂う空気の中に、

切れそうで切れない、緊張感の糸みたいなものが

作品を通して張り巡らされてるような感じがありました。



いかに、今、のほほんと生きてるか。

いや、ほんま、のほほんと生きてますわ。


昔の日本にあって、こんなに豊かになった今の日本にはないものって、

やっぱりたくさんあるんよな。



どちらもそれぞれいいんだろうけど、

あの空気感に惹かれるのは、どうしてかな。

2011.07
26
今週末は原稿作ってるかのんだくれてるか。

2パターンでした。

0723-24_20110728122237.jpg


・・・オンオフハッキリしてていいっていう噂がね。ありますよね。
(自分自身にポジティブでありたい)

なんか最近、酔っ払い率が上がってると思うのだけれど。


でも日曜日に(というか日付変わって)終電で帰ってきてから、
ほぼ記憶もないまま原稿の続きをやってた私はどうなの。



オンオフハッキリしてないやん!

反省~。


でも楽しかった上に、いったん原稿あげられたのでひとまずよかよか♪

2011.07
23
0722-1.jpg


今日は後輩にいただいたチケットで、ひさびさのお笑いライブへ。

テンダラーかカウカウをめがけてましたが、
なかなかスケジュールが合わずに断念。


でも、今日もステキな出演者さんそろい踏みでした。


元々笑い上戸じゃけど、ケタケタ大声出して笑った!


ホンマ、場をひとつにしてかっさらえたモン勝ちですね。
そういう雰囲気を作れるのって、並大抵じゃないよなぁ。
M-1とかも顕著にそんな感じやったし・・・。


何にせよ、やっぱりナマが一番と実感。

 ・
 ・
 ・

で、本日メインイベント。

前職で書籍の編集を担当させてもらったご縁で、
デルフィンさん率いる「沖縄プロレス」の四国・関西ツアーへ。


0722-2.jpg


えっちらおっちら久々のおけいはん、終着・出町柳下車。懐かしい。

なんとかかんとか「御所の横」ってことだけ把握してたKBS京都も、無事到着。



聞いてた通り、入り口でデルフィンさんと選手たちが、バリバリグッズ営業してました。
ライブ感覚でタオルを購入し、記念撮影。

めっちゃアットホーム!選手も売り方がウマイ。商売人やー。

・・・直子さんも、ゴリ押しに負けてタオルを購入。笑



素顔で笑ってはるデルフィンさんしか知らないので、
上はTシャツとはいえコスチューム着てると、凛として新鮮な感じ。


さぁさぁ、人生初のプロレスがスタート!


0722-3.jpg


実は、どちらかというと「コワイ」イメージで敬遠しがちやったプロレス。

ド迫力!!おもしろいわ~。

ファミリー向けに楽しんでもらえるようにって工夫も伝わる。
ヤンバルクイーンナって女性レスラーも、紅一点でめっちゃがんばってました。



ここでも、時間が経つにつれてひとつになっていく会場。


ホンマ、場をひとつにするって中途半端じゃ到底ムリで、
色んな人の工夫や努力が詰まったモノの上に、作り上げられるものなんですよね。


1日で2回もガッツリそれ、体感しちゃいました。
みなさん、めっちゃ「プロ」です。
心にじゅわっと染みました。



そんなわけで、最寄り駅に11:10ぐらいに着いてから
ちょっと悩んで、チキマクナゲをふたつ購入しちゃったんじゃないかと。



まぁ、そういうわけです。(何が)

2011.07
22
京都・河原町での撮影終了後、心斎橋へヒラリと戻りまして。

机を置かせてもらってるユニトーンさんで、歓迎呑み会開いてもらいました。
                             ワーイ ♪


主役のはずが、遅刻すること1時間強。
もちろん、生ビールで追いつき追い越しましたけれども。




南船場の「立花食事処」、イイです。


初対面で感じる、家族感と手作り感、そんで笑顔が特に。
お客さん交えて地図広げて、淡路のドライブルート確認とかしたり、めっちゃラフ。
                                  イイネー

あと、鱧の弾力が半端なかったのが、特筆モノ。
噛むたび、梅肉が促す唾液の中を、鱧が泳いで戻ってくる。



で、たっぷり飲んで飲んで帰ってきて、
眠さとビールと心地よさが入り乱れた状態で、モノクロで描いてみました。

悪魔の落書き②。


桜ポップコーン


なんか、季節はずれの題材。
でもなんか、はじけてます。


そういえば、桜がやたら自分の好物と気づいたのは、
確か、大学に入って以降。

それまでは、際立って向日葵が好きやった。

ちょっとばかし、はかなさと憂いがプラスされたのかしらん?




下の絵がちょっとフルーツっぽいのは、
きっと、フルーツジュースを飲みながら帰ってきたからかな。

単純。




なんだか、今いる場所は、素敵にゆるい人だらけで。

ちょっと絵に統一性がないのは、いい意味で個性を感じすぎたせいってことで。




美味しくて、楽しいのは、シンプルに嬉しいな。


さ、寝るべ。

2011.07
18
「徳島動物園に、空飛ぶかわうそが来てんて!」

「空飛ぶってゆーても、実際飛ばへんと思うねんけどなー」

「なぁなぁ、ほんでいつ行けんの?」

「仕事いつなったらゆっくりできるん?」


母さんのゴリ押しが続くため、カンカン照りの中、かわうそツアーをついに決行。


717-2.jpg

徳島の土地の余りっぷりを、なめてた。
広すぎ!人にほぼ巡り合わないほど。

しかも道しるべ的なものがないので、独りじゃ絶対来れない。(迷う)


717-1_20110718185302.jpg

そうそう、お目当てのカワウソ。

ウソみたいに可愛いからカワウソ?
ってぐらい可愛かった。
色んな見せ方があるんやなーと、感心。


リスザルにカメラ盗られかけたり、
(多分盗られても許してしまいそうなのが怖い)

「暴れるみっちゃん!」ってキャッチをつけられた
チンパンジーのみっちゃんのパフォーマンスに爆笑したり、
(元はUSJでアニマルショーにも出てたらしい)

ひさびさの動物園、行くのが遅くて2時間ちょっとしかおらんかったけど、
笑ったりビックリしたり、濃縮感のあるヒトトキでした。


にしても動物たちから見たら、うちらはどんな風に見えてるんか、気になるなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。