RSS
Admin
Archives

ほろ酔い町38番地

今日もどこかでいい気分。

profile

ふよ

Author:ふよ
ベースはほろ酔い、時々マジメ。
1年中、お酒でむくみ気味。
大好きな日本語には片思い。

そんなフリーライターが気ままに綴る珍道記。

いきつけの居酒屋気分で
ぷらりと気軽にお立ち寄りください。

こちらもどうぞ▼
豆メモ的HP「ほろ酔いむすび」

since2011.7.1

もろ もろ






ようこそ。
New
リンク
カテゴリ
リレキ
comments
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Ctrl+F
QR
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01
12
DSC_2523_convert_20120112164642.jpg

気分は、旅行先のお土産売り場によくあるクッキーの感じ。

噂の十日戎、堪能してきました。


大阪の今宮戎さんに、兵庫の西宮えびすさん。


人ごみがあまり好きではないとはいえ、
毎年大盛り上がりの十日戎の存在をふわりとしか知らない・・
関西でフリーランスさせてもらってて、それっていかがなもの?

とか思いながらチマチマにわか知識をつけていたところ、
やってきました「えべっさん行き」の波!これもご縁とぷくっと便乗。


3日間で100万人が訪れるという今宮戎さんの本戎は、
もみくちゃになることはなく、しょっぱなから福がやって来た気分。

ebisu-6.jpg

なが~い通りにはきらびやかな縁起物がひしめき、
ソースや焦げ目をツヤツヤと輝せた食べ物たちがずら~り。


た~の~し~!(はしまき片手に)

ebisu-2.jpg

もちろんえべっさんには大きな傘の下、
昨年の感謝と今年のやる気をしっかりお伝え。

ebisu-1.jpg

福娘さんが笹に付けてくれる米俵、鯛、小判にお札などなど、
飾りを毎年増やしながら、ますますの繁盛を願うのだとか。

ぼ~っとしてると、大阪のノリのいいおっちゃん達が
「この飾り、全部縁起物ついてるから一番効率的でエェねんで」
などと、大阪スタイルでオススメしてくれる。
来年は笹と、頼んでないのに決めポーズしてくれたお兄さんに写真を持っていかなくっちゃ♪



そして次の日。残り福で訪れた西宮えびすさんは、さすがの総本社!

saru.jpg

さる!

ebisu-4.jpg

マグロ!

ebisu-5.jpg

・・おばけ?・・・おばけって何!?


とにかく大きな境内のあちらこちらが賑やか。
わたあめでもかじりながら歩きたい。
同じ神様でも、魅せかたはこんなに違うのね。


お守りも鯛に桜に種類がとっても豊富。

中でも黄金色の打ち出の小槌は有名らしく、
恵比寿様、大黒様、サイコロ、カエル、ひょうたん・・と
おっちゃんが由来を語りながら米粒ぐらいの大きさの縁起物たちを
ピンセットでひょいひょいっ。と入れていくのを見てるだけでも楽しい。


どちらのえべっさんの後も大黒さんにお参りして、ダブルふくふく◎

いただいたふくを振りまけるように、がんばるど!



▼ふくポチお願いします♪
にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
2012.01
01
DSC_2446-1.jpg


2012年度マイライフゲーム、
スタート地点にて。


毛布にくるまれながら、失礼いたします。


新年の明けたてから、タイミング掴んだ系のハッピーが多く
気持ちだけは、背筋ピンってしとります◎



さーてっ。新しい年のはじまり。



アハハでも
アヒャヒャでも
ニヤニヤでも
なんでもいいから


表情筋ゆるみまくりのみんなの顔が

いつも以上に
たーーーっくさん見られる一年でありますように。



この一年も、どうぞよろしくお願いいたします◎


にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
2011.11
19
Category : 4コマ
1泊2日の旅ニッキ、あんまりにも長いのでいったん漬けて
ひさびさの4コマを更新。

4コマ・花の罠

先月、麗しき三十路という大台に乗っても
相変わらず、よく罠にかかる。

みなさまもお気をつけて。



さて。今日は高校からの悪友と、まったく真ん中でもなんでもない真ん中バースデー♪

こどちゃ世代のみなさんならご存知のはず。


マンガ「こどものおもちゃ」の中で

3月7日生まれの紗南ちゃんと、10月12日生まれの羽山くんが
お互いの誕生日のちょうど真ん中にあたる日に
一緒に誕生日をお祝いするのです。


んまーロマンチック。



何がきっかけだったのか、私達の間で数年前から行われているこのイベント。


私10月30日、友達11月20日。

・・・全然真ん中ちゃうがな!


大好きな誰かと乾杯すれば、それはいつでも記念日ということで♪


しかも本日のメインは餃子なのだ~。  フゥー↑↑



というか、誕生日に私の一番の好物・母の餃子を食べてから

毎週末餃子食べてるな。

ちなみに、今日の昼も餃子だったことを告白しておくとして。



・・・なんだかにおってきそうだから、タイトルだけはいい香りにしとこ。

2011.11
04
Category : 旅ニッキ
(前回までのARASUJI)

京都の高雄へ涼と緑とのどごしを求めてふらり、女二人旅。
今日は晴れの梶母山へ!

- - - - - - - - - - - - - これまでのあらすじはコチラの最下部よりまとめてどうぞ - - -


陽射しがイタイほど、晴れ。

い~きもち。

DSC_0637.jpg

DSC_0629.jpg

足元も頭上もぽつぽつ。
此処の辺の葉っぱはよほど美味しいのでしょう、虫食いだそうで。

DSC_0632.jpg

DSC_0634.jpg

DSC_0638_20111104010026.jpg


緑色好きの私にもゆかりにもたまらない景色が続く。
昨日は雨の中見過ごしていた石碑に、ぺこりとおじぎ。

DSC_0643.jpg

昨日と変わったことといえば、天気のみ。

のんびりのんびり時を過ごすなか
まさかあんな出逢いが待ち受けていようとは!


こだま0


そう、あれは二人でセルフタイマーを使って写真を撮ろうとしていた時のこと。
カメラの適当な置き場所を探してごそごそやっていたら、
白い浮遊物が目に入った。

てっきりケサランパサランか綿毛と思って
そちらにカメラを構えたのだけれど、どこか違和感。


ご覧いただこう!これだ!    ワンツースリー♪

DSC_0651.jpg

DSC_0646.jpg

それはまるでママの味。
ミルキーのような物体。


で、そのミルキーがどうやって浮くの?

興奮しすぎて近づけない私、唖然としている虫博士のゆかり。


さらに動きも一貫性がなくいきなり近づいてくるもんだから
もうプチパニックになりながらも、撮った動画がコレだ!  ワンツースリー♪
(※笑い声うるさいんで、オフィスの方はご注意を)

[広告] VPS


ちなみに怖くてこれ以上近づけなかったけれど、
拡大図を絵にするとこんな感じだ。

こだま

キモい。

ようするに、興奮で笑ってる割に近づきすぎるのは怖い存在。
触るだなんてもってのほかだ。


でもこれがリアル世界のこだまか?
と思ったらカメラに収めずにはいられなかった。

こだま2

報道カメラマンでもないのに、なんの性なんだろうコレ。


もしかしたら「探偵ナイトスクープ」とかに取り上げられるかも知れないと思って
旅行から帰って一週間後、ようやくWEBから送信を試みたものの、
(送るとかいいながらだらだらしてたら、事務所でこんちゃんにせかされた)
なんと動画サイズは3Mまでと判明。

縮小方法が分からず、未だ送れていないのが現状だったりする。


京都やし、仕事の都合が付かんかったらどうするんやろう?とか
会えるとも限らへんしこだまがおらんかったら何回もロケ来るんかな?とか
とっても不要なことをちょいちょい考えていたのはさておき、深まる謎。




「見てもーたな・・・」


「カタカタしてへんかったな・・・」




― で、結局アレってなによ? ―


という気持ちは胸にひっそり閉まい
メルヘンな方へ メルヘンな方へ と互いの軸を傾かせながら
言葉少なに奥へと進むのであった。


(つづく)


▽このこだまもどき(いっちゃったよ)ご存知の方はご一報を!
よろしければ、ぽちりと♪

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

2011.10
16
Category : 旅ニッキ
(前回までのARASUJI)

川床でビールを飲むため、京都の高雄へぶらり旅に来たゆかりとふよ。
・・・あぁ、そうそう。ようやく2日目の幕開けです。

- - - - - - - - - - - - - 間が空きすぎましたゆえお時間あれば#0~#6もどうぞ - - -


「朝ごはんできてますよ~」

2日目はけたたましい黒電話のベル音ではじまった。



窓の外がまぶしい。いいおてんき。

DSC_0627re.jpg


食事処に向かう廊下にはやさしいだしの香りが漂っていて
昨日あんなに食べたのに、おなかがぐるぐる鳴りだした。


ふすまを開けると京都の郷土料理がほこほこお待ちかね~

DSC_0622.jpg

あっという間に食べ終わっちゃいそうな量に見せかけて
これがめちゃくちゃボリューミー。

ずらりと並んだ、どこか懐かしい色の素材たち。


ん・・・?

食卓には見慣れないお色が。

DSC_0620.jpg

赤レンガが混入してるのかと思って
二人でドキドキしながら食べたらこんにゃくだった。意外に味がしゅんでる。



DSC_0621.jpg

やっぱり鮭はご飯にあうなぁ~と思いながら
おひつのたっぷりご飯をぺろり。


さぁ今日はどこに行きましょうか。
もちろん晴れバージョンの梶母山へ向かうでしょ。



ところが、集えば「急ぐ」感覚が皆無になるふたり。

食後も縁側をみながらのーんびり。
部屋に戻ったあとはごろごろとふとんの上でスッキリ!をみる。   家でも見れますよね?


すると、沖縄出身のバンド「かりゆし58」が登場した。



私がかりゆし58と最初に出会ったのは、徳島の山の中。

毎年夏に大塚製薬のワジキ工場で開かれる野外ライブで
私的には8割バンド目当て、2割出来立てカロリーメイトの試食目当てのイベントだ。
(一緒に行く類友も、きっとそう)


日陰は雲の気まぐれでしか生まれないような場所。
何リットル飲んでも足りないと思うほど、汗がボトボト滴り落ちる。
阿波踊り期間中、つまりお盆の開催のため炎天下で蒸し風呂状態。

こんなところで飛んで跳ねたら痩せると期待するのだけれど、
工場でカロリーメイトをがっつりいただくからそんなウマイ話は2度もない。


その上、野外ライブはどうしても音が聞き取りにくいから
知らないバンドはリズムとノリを合わせるだけで終わることも多いけれど
かりゆし58の場合はなんか心に染みて、歌詞を必死に聴き取ろうとした記憶がある。


そんなことを話していたら

「えっかりゆし“ごじゅうはち”!?かりゆし“ゴーヤ”とちゃうん!?」

と驚愕の表情のゆかり。

いやいや読めるけども!とかツッコみながらも、自信はない。




その後ゆかりはふらりとどこかに消えたり帰ってきたり。
そしてとろとろと化粧をしたり。


一方の私はといえば、用意もそっちのけに
くっきり見えてしまう虫かごに怯えながら鈴虫の音色収めのリベンジ。

ボイスレコーダーでなく動画撮影で試してみたところ
まぁまぁクリアな音の収録に成功!
もちろん今回は、ゆかりの声も入っておりません。


ご視聴いただこう♪ ・・・これだ!   ワンツースリー♪



もちろん映像は鈴虫ではなく、お外の原付。怖いもの。
風情はちょっぴり半減だけれど、満足 満足。



あと、トイレットペーパーホルダーの注意書きにも釘付けになった。

DSC_0618_20111015232208.jpg

「腰掛便器の使い方」とある。

洋式トイレがこの世に誕生したときから貼られていたのでしょう。
トイレの歴史に思いを馳せる。



そんな感じでホンマに だら だら だら としてたら
どうやらチェックアウトを30分ぐらい過ぎていたらしい。


黒電話のけたたましい音、再び。    ・・・スミマセン。



そしてプチな事件が。

先にカウンターに走ってくれたゆかりが
二人分一括で支払いを済ませてくれていた。(セゾンカードの永久不滅ポイント目的)


ノー! 


私もカードで払おうと思ってたので手持ちがないぜっ!


というわけで帰ってから振り込むことになるのだけれど、
郵便局に足を運べないバタバタの毎日が戻り、数日後。
やっと振り込める!と通りがかりのATMでお札を入れた途端、
「取り扱いできません」とまさかの返却。


- ニセ札かも知れない -


返されたお札をしげしげ眺めた後であたりをよく見たら
取り扱い時間を1分過ぎていたりと(途中なら大目にみてくれよ)
数奇な運命が待ち受けていることをこのときはまだ知る由もなかった。




もたもた車を出す私たちを、女将さんがやさしくお見送りしてくれた。

すでに川床では昼の料理の準備に追われていて、
シーズーのお姉さんにさよならがいえなかったのが心残り。


女将さんオススメの蛍の時期にまた来ることを告げて、
紅葉のトンネルを抜けた先にある梶母山の駐車場へ向かう。




ゆかりが結婚して北海道に行ってしまうから
一緒に来るのは難しいだろうなと、少し寂しくなる。


沖縄の方言で「めでたい」を意味するかりゆしと
苦いゴーヤがまさに噛み合う、そんな心地で。


(つづく)


▽読んでいただいてありがとうございます。
よろしければ、ぽちりと♪

にほんブログ村 イラストブログ イラストエッセイへ
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。